外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】ムバラク前政権崩壊後、初めての選挙となる人民議会(国会)選が28日から予定されているエジプトで、シャラフ暫定内閣が21日、暫定統治を担う軍最高評議会に対し総辞職を表明した。国営テレビが伝えた。最高評議会は総辞職を受け入れるかどうか、結論を出していないもようだ。民政移管を軍に求めるデモがエジプト全土で拡大、同日までに治安部隊の鎮圧で33人が死亡、この責任を取る形で総辞職した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信