外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】地中海に墜落したパリ発カイロ行きのエジプト航空機内で、煙が検知された3分後に自動操縦装置や翼の制御システムに障害が発生したことが22日、明らかになった。同機が地上の管制に向けて自動発信した信号に記録されており、この直後に墜落したとみられる。順調に飛行していた同機は、数分の間に急激な異変に襲われた可能性が高まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信