外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ルクソール共同】エジプト南部の気球墜落事故で、政府の事故調査委員会と検察当局は2日までに、気球ツアーを実施した旅行会社から関係資料を押収、目撃者らに事情聴取した。だが、状況を最も良く知る操縦士(28)は重体のままで聴取できず、原因究明の最大の壁となっている。焦点は気球が下降した際にガスに引火した原因。急上昇した気球は上空で炎上、日本人4人を含む外国人観光客19人が死亡した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信