外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプトの破棄院は13日、2011年の政変時に反政府デモ参加者の殺害を止めなかったとして昨年6月に終身刑判決を受けた前大統領のムバラク被告(84)らについて、被告、検察双方の要求を受け入れ、裁判のやり直しを命じた。ムバラク被告はデモ参加者の殺害を指示した罪などで死刑を求刑されたが、カイロの刑事裁判所は、殺害を止めなかった間接責任を認定し終身刑を言い渡していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信