外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプト暫定政権は24日、モルシ前大統領支持派を強制排除した14日に開始した夜間外出禁止令の実施時間を午後7時から2時間遅らせ、午後9時から午前6時までに短縮すると発表した。集団礼拝後のデモが予想される金曜日は午後7時からの実施を維持する。政権側は、モルシ派の街頭デモや集会を規制し、同派を率いるイスラム組織ムスリム同胞団の活動家を多数逮捕。各地での衝突は沈静化に向かっている。

共同通信