外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプトのクーデターで政権を追われたモルシ前大統領の出身母体、イスラム組織ムスリム同胞団の報道官は16日夜、マンスール暫定大統領が暫定内閣を発足させたことに対し「正統性を認めない」と反発、抗議行動を続ける姿勢を示した。地元メディアによると、経済学者のベブラウィ首相率いる新内閣はマンスール大統領らを交えて初会合を開催。経済の回復、治安確保、行政サービス改善を優先することを確認した。

共同通信