外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプト治安部隊は14日夕、軍のクーデターに反発して首都カイロで座り込みを続けていたモルシ前大統領支持派の強制排除を完了した。暫定政権は同日夜、カイロを含む主要県で夜間外出禁止令を実施し、厳戒態勢を敷いた。保健省によると、強制排除や各地の治安部隊とモルシ派の衝突による死者は一般市民235人、警官43人の計278人に上った。

共同通信