外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界最高峰エベレストの氷河の総面積が過去約50年で約14%減少したとの調査結果を、イタリア・ミラノ大などの研究グループがまとめたことが6日分かった。近年の縮小のペースは、1958~75年の平均の6倍近くに加速しており、地球温暖化が原因とみられる。研究グループは「氷河や雪の減少は、アジアの淡水資源や農業などに大きな影響を与える可能性がある」と警告している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信