外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省はエボラ出血熱対策のため、ドイツ・シュツットガルトの米アフリカ軍司令部に自衛隊員を連絡要員として派遣する方向で検討に入った。政府関係者が19日、明らかにした。司令部での業務を通じて情報収集を行い、自衛隊が貢献できる活動を調査する狙いだ。

共同通信