外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】エボラ出血熱が猛威を振るう西アフリカのシエラレオネ政府は5日、葬儀の際に遺体を洗う伝統儀式をしないよう呼び掛け、感染者の遺体に洗われた形跡があった場合、死者の家族全員を隔離し、投獄すると警告した。フランス公共ラジオが伝えた。

共同通信