外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は12日、西アフリカを中心に流行するエボラ出血熱の感染者が疑い例を含めて9日までに8カ国で1万4098人に達し、うち5160人が死亡したとの集計を発表、死者が5千人を超えたことが公式に確認された。死者は約1カ月で千人増加、依然として深刻な状況が続いている。

共同通信