外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 エボラ出血熱の水際対策で厚生労働省は21日、西アフリカの3カ国に滞在した人に対して、患者との接触がなくても入国後21日間は体温や体調の異変がないかを1日2回検疫所に報告するよう義務付ける通知を各検疫所に出した。通知は即日発効した。

共同通信