外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが白紙撤回になった問題で、大会組織委員会が選考や商標登録、ポスター作成などに費やした経費が総額で約5700万円だったことが4日、明らかになった。7月24日のエンブレム発表イベントで掛かった約6900万円の負担は共催した東京都と協議中で、経費はさらに膨らむ可能性があるという。

共同通信