外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都現代美術館(東京都江東区)が閉館するとのうその記事が4月1日発売の美術誌「ギャラリー」4月号に掲載され、美術館や都に問い合わせが相次いだため、同誌の編集発行人が謝罪していたことが5日、分かった。雑誌側はエープリルフールのジョークのつもりだったが、関係者は「しゃれになっていない」とあきれている。話題の記事は、美術ジャーナリスト名古屋覚さんが書いた「評論の眼」。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信