外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1995年の公証役場事務長拉致事件の逮捕監禁罪などに問われたオウム真理教元幹部平田信被告(48)の公判前整理手続きで東京地裁(斉藤啓昭裁判長)は17日、井上嘉浩元幹部(43)ら死刑囚3人の証人尋問を公開の法廷で実施することを決めた。初公判の時期は未定。検察側は警備上の問題や死刑囚の心情への配慮から非公開での尋問を要望していた。3人はほかに中川智正死刑囚(50)と小池(旧姓林)泰男死刑囚(55)。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信