外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都庁小包爆弾事件で殺人未遂ほう助罪などに問われた元オウム真理教信者菊地直子被告(42)の裁判員裁判で東京地裁は30日、「運んだ薬品が多くの人の殺傷に使われる危険性を認識していた。爆弾による無差別攻撃に大きく貢献した責任は重い」として、懲役5年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。被告側は即日控訴した。

共同通信