外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オウム真理教で化学兵器開発の中心的役割を担い、地下鉄サリン事件のサリンを製造したなどとして殺人罪などに問われ、一、二審で死刑判決を受けた元幹部遠藤誠一被告(51)の上告審で、最高裁第1小法廷は1日までに、判決を21日と決めた。一連の事件では、松本智津夫死刑囚(56)ら11人の死刑が確定。ほかに刑事裁判が継続中なのは、一、二審で死刑とされ18日に最高裁で判決予定の中川智正被告(49)のみ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信