外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米海兵隊が米軍普天間飛行場に計画している垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの配備の時期が、当初予定の2012年10月から早ければ夏に前倒しされる可能性があることが11日分かった。海兵隊当局者が明らかにした。沖縄側はオスプレイの安全性を疑問視。日米両政府に繰り返し反対を伝えており、普天間の県内移設方針と併せ反発を強めている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信