外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 在日米軍は、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイの空中給油訓練を6日に再開する方針を固め、日本政府側に伝えた。昨年12月13日に起きた不時着事故の原因が訓練中のトラブルだったため、同19日の飛行再開後も休止していた。日本政府は、事故の再発防止策に関し詳しい情報提供を受けた上で容認する見通し。日本政府関係者が4日、明らかにした。

共同通信