外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 在日米海兵隊は6日、山口県の米軍岩国基地で整備作業をしていた新型輸送機MV22オスプレイ3機を、沖縄県宜野湾市の普天間飛行場に移動させた。岩国基地に7月に搬入された全12機の沖縄配備が完了した。今後は普天間を拠点に、歩兵部隊と一体となった訓練が実施される。宜野湾市の佐喜真淳市長は「配備ありきで進んだ」と両国政府を批判。仲井真弘多沖縄県知事も「政府にクレームをつける以外にない」と強く反発した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信