外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2010年8月6日の広島市での「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)に初の米政府代表としてルース駐日大使が参列するに当たり、自ら大使の被爆地派遣の重要性を判断するなどオバマ大統領本人が深く関与していた経緯が2日、分かった。元ホワイトハウス高官が共同通信とのインタビューで証言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信