外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヤンゴン共同】ミャンマーを初訪問したオバマ大統領は19日、最大都市ヤンゴンでテイン・セイン大統領、最大野党の国民民主連盟(NLD)党首アウン・サン・スー・チー氏と相次いで会談し、民主化支援に全力を挙げる意向を表明する一方、一層の改革努力を求めた。オバマ氏はスー・チー氏との会談後の共同会見で、米国は民主化達成に向けて「やれることを何でもやる」と述べ、支援を惜しまないとの考えを強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信