ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

オバマ大統領、涙の非難

 【ワシントン共同】「胸が張り裂ける思いだ」。多数の小学生らが犠牲となった米コネティカット州の銃乱射事件について14日、声明を発表したオバマ大統領は、目を真っ赤にして涙を浮かべ「憎むべき犯行」を非難。2人の娘を持つ父親として「政治は度外視し、再発防止に有意義な行動を起こす」と宣言した。ホワイトハウス記者室に姿を現したオバマ氏は「5歳から10歳の美しい子どもたちが犠牲になった」と語ると声を詰まらせた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。