外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は26日、首都ワシントンで知人らとバスケットボールの試合をしていたところ、唇を切って12針縫うけがをした。ギブズ大統領報道官によると、ほかのプレーヤーのひじが誤ってオバマ氏の口に当たった。オバマ氏はホワイトハウスに戻った後、医務官に局所麻酔を使った処置を受けた。縫った跡を目立たなくするために細い糸が使われたが、代わりに縫う回数が多くなったという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信