外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は22日、首都ワシントンの海軍施設で12人が犠牲になった乱射事件の追悼式典で演説し、銃規制強化に取り組む決意をあらためて表明、国民に支持を呼び掛けた。オバマ氏は「罪のない人々が職場で銃弾に倒れることが普通であるはずがない」と指摘。犠牲者の名前や人柄に触れながら「犯罪者や危険人物に銃を渡さない良識的な措置」の必要性を強調した。

共同通信