外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ大統領の広島訪問を検討している米政府は11日、露払い役を務めたケリー国務長官の広島訪問について、核廃絶に向けた「未来志向」のメッセージを打ち出せたと総括した。原爆投下の「謝罪」を回避したことに日本側から強い反発は出ず、オバマ氏訪問への大きな壁をクリアできたと判断している。日米は5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせた訪問実現へ調整を加速させる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信