外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は4日、ワシントンで開かれたイスラエル系ロビー団体「米イスラエル広報委員会(AIPAC)」の会合で演説、核兵器開発疑惑を深めるイランへの対応について「圧力を後ろ盾にした外交努力が奏功する余地はまだある」と訴え、イラン攻撃の可能性をめぐるイスラエルや米国内の強硬論を戒めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信