外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンクトペテルブルク共同】オバマ米大統領は6日のG20首脳会合閉幕後の記者会見で、シリアのアサド政権による化学兵器使用を確実に防ぐ手段があれば「国際社会として(共同の)行動をしたい」と述べ、可能な限り武力行使を回避するのが理想だとの考えを示した。シリアへの軍事行動の決断を表明後、オバマ氏が回避の可能性を示唆したのは初めて。ただ、現時点で武力攻撃以外の現実的な案はないとして介入方針は維持した。

共同通信