【ワシントン共同】ローズ米大統領副補佐官は18日、オバマ大統領が広島を訪問する際、核兵器を使用した唯一の国として、核廃絶に向けた「道義的責任」があると言及し、原爆投下により「広島、長崎で失われた多くの命」を追悼すると明らかにした。共同通信の単独会見に応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。