外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領はパレスチナ国家樹立に反対を表明したイスラエルのネタニヤフ首相の言動により、パレスチナ和平に向けた「交渉への道筋を探るのが困難になった」と批判、イスラエルとの関係や中東政策で米国が取り得る「選択肢」を検討すると述べた。米ニュースサイト、ハフィントンポストがインタビューの内容を21日伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信