ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

オバマ米大統領が連続首位

 【ニューヨーク共同】米経済誌フォーブス(電子版)は5日、「世界で最も影響力のある人物」71組のランキングを発表し、11月に米大統領選で再選を果たしたオバマ米大統領を2年連続でトップに選んだ。一方、野田佳彦首相は60位(昨年62位)と辛うじてランク入りするにとどまった。同誌はオバマ大統領を選んだ理由について、大統領選で決定的な勝利を得たとした上で、今後も「自由世界のリーダー」であり続けるとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。