外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヤンゴン共同】オバマ米大統領は19日、現職の米大統領として初めてミャンマーを訪問した。最大都市ヤンゴンでテイン・セイン大統領と会談、同国が進めてきた民主化を評価して全面的に支援する姿勢を示した上で、さらなる改革推進を後押しする構えだ。米政府高官によると、オバマ氏はミャンマーでの米国際開発局(USAID)の活動を再開し、2年間で1億7千万ドル(約138億円)規模の援助を行うことを表明する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信