外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米政権が核戦力の大幅削減へ向け、配備済み戦略核弾頭を最大で約80%削減させることを含む複数の選択肢を検討していることが14日明らかになった。AP通信が報じた。米国は2010年にロシアと調印した新戦略兵器削減条約(新START)で、18年までに配備戦略核弾頭数を1550に制限する。さらに次の削減の選択肢として千~1100、700~800、300~400のいずれかに減らす3案が浮上している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信