外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】オランダ王室は12日、スキー中の事故で意識不明となっていたヨハン・フリーゾ王子(44)が同日、脳の損傷に伴う合併症により、同国ハーグの王室所有の宮殿で死去したと発表した。フリーゾ王子は2012年2月、オーストリアでスキー中に雪崩に遭遇。救助されたが、雪の下敷きになっている間、酸素の欠乏で脳が損傷し、意識が回復しなかった。フリーゾ王子はウィレム・アレクサンダー国王の弟。

共同通信