外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 巨額の損失隠し問題で揺れるオリンパスの資本・業務提携先として、ソニーが有力となっていることが24日、分かった。ソニーは最大で30%程度の出資を検討しているとみられ、オリンパスが得意とする医療機器で相乗効果を目指す内容を提案。ソニーは成長事業と位置付ける医療分野の取引拡大につなげる考えだ。オリンパスとの提携ではソニーのほか、富士フイルムホールディングス、テルモ、パナソニックなども関心を示している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信