外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの高山修一社長は7日、損失隠し問題に関する第三者委員会の調査報告書を受けて都内で記者会見し、「現在の役員は、決算の訂正など当面の危機対応にめどをつけた上で、しかるべき時期に交代する」と述べ、総退陣する方針を表明した。現経営陣は、次回の株主総会で交代する見通し。臨時の株主総会を来年2月にも開く方向だ。報告書の提言に基づき、関与した取締役や監査役の責任を調査する委員会を設置すると発表した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信