外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの損失隠しで穴埋めに使われた国内企業3社の買収で、菊川剛前会長兼社長(70)が、山田秀雄前常勤監査役(66)らに「自分も協力するから」「うまくいけばだいぶん減るよな」などと伝えていたことが22日、関係者への取材で分かった。菊川前会長はオリンパスが設置した第三者委員会の聞き取り調査に具体的な関与を否定しているが、東京地検特捜部は菊川前会長の積極的な関与を示す発言として重視している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信