外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの損失隠し問題を調べてきた第三者委員会は6日、調査報告書を発表、飛ばしなどの不正な会計処理で隠していた損失額は1177億円、これを含めて損失の解消に使った費用が約1348億円だったと認定。報告書は、損失隠しは長期政権となった菊川剛前会長兼社長のもとで、森久志前副社長と山田秀雄前常勤監査役が主導していたと指摘。菊川氏以前に社長を務めた下山敏郎氏、岸本正寿氏らも損失隠しを知っていたとした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信