外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの巨額損失隠しは、2000年3月期の海外ファンドへの「飛ばし」から始まり、05年ごろから企業買収などを活用した新たな手法に切り替えて実施していたことが12日、分かった。2段階で隠された損失は、ピーク時には1300億円規模に膨らんでいたとみられる。1990年代に財テク失敗で生じた含み損は500億円規模だったとみられるが、時価会計の導入や、金融商品への投資につまずいたことで一段と拡大。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信