外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスが、損失隠し問題を受けて引責辞任する高山修一社長の後任に、笹宏行執行役員を昇格させる方向で最終調整に入ったことが21日、分かった。笹氏は主力の医療機器の事業を長く歩んでおり、経営の早期立て直しを目指すのに適任と判断。週内にも内定し、4月20日に就任する。同時に発足する新経営陣については、会長は外部から招く方針で、元三井住友銀行幹部が有力となっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信