外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの高山社長は27日記者会見し、不透明さが指摘されている過去の企業の合併・買収(M&A)について、事実関係を説明した。「中長期的な戦略で検討していたもので、医療事業中心に成長を目指した」と表明、違法な点はないと主張した。疑念が出ているのは、オリンパスが08年に英医療機器メーカー「ジャイラス・グループ」を買収、その際、助言会社に約660億円という巨額の資金を支払った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信