外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中央競馬のクラシック3冠レース最終戦の第72回菊花賞(G1)は23日、京都市の京都競馬場の芝3000メートルで3歳馬18頭によって争われ、池添謙一騎手(32)が騎乗した1番人気のオルフェーヴルが皐月賞、日本ダービーに続いて優勝し、2005年のディープインパクト以来、史上7頭目の三冠馬に輝いた。このレース初勝利の池添騎手は史上7人目の同一年での3冠獲得。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信