外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ホテルオークラは7日、全国で運営する13ホテルと関連会社3社のレストランなどで提供した計235品目の使用食材とメニュー表示が異なっていたと発表した。2007年以降、虚偽表示で販売した総数は約38万6千食で販売額は約8億7千万円に上る。

共同通信