ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

オークラ、JALホテルズも虚偽

 ホテルオークラは7日、全国で運営する13ホテルと関連会社3社のレストランなどで提供した計235品目の使用食材とメニュー表示が異なっていたと発表した。2007年以降、虚偽表示で販売した総数は約38万6千食で販売額は約8億7千万円に上る。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。