【ハバナ共同】キューバ国営メディアは22日、国家評議会のフィデル・カストロ前議長(86)の写真を公開した。前議長は、3月に同国を訪問したローマ法王ベネディクト16世と会談したとき以来、公の場に姿を見せず、最近は「脳出血で重体」「死去した」とのうわさが飛び交っていた。写真は前議長の息子が撮影。うわさを打ち消すため、19日付の共産党機関紙を手にしたものもある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。