外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州は9日、分離・独立の是非を問う非公式の「投票」を中央政府の反対を押し切って強行した。自治州政府は投票者数が過半数に満たない約225万人と発表。自治州のマス首相は「成功」と強調したが、独立賛成は約8割の180万票程度とみられる。独立賛成は2012年の自治州議会選で独立派4党が獲得した約210万票に及ばない結果となった。

共同通信