外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】英紙タイムズ(電子版)は22日、反カダフィ派「国民評議会」に近い筋の話として、リビアのカダフィ大佐の死因は未成年の少年民兵による殺害だったとの見方を伝えた。カダフィ氏が愛用していた金色の拳銃が用いられたという。同紙によると、カダフィ氏は20日、中部シルトの下水管に隠れているところを反カダフィ派に拘束され、民兵らに「どうなっているんだ。息子たち」と尋ねた後、暴行を受けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信