外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】米中央情報局(CIA)元職員、スノーデン容疑者の情報に基づく報道で、ブラジル鉱業・エネルギー省の通信をカナダ政府当局が傍受していたことが明らかになり、ブラジル外務省は7日、カナダ大使を呼び出して説明を求めた。英米など5カ国による「五つの目」と名付けられた会合で情報交換していたという。ブラジルが大西洋で進めている海底油田開発などが背景にあるとみられる。

共同通信