外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】カナダの連邦議会議事堂襲撃事件で、射殺されたマイケル・ゼハフビボー容疑者(32)は旅券の申請手続きが思うように進まないことにいらだち、場当たり的に犯行に及んだとの見方が25日までに強まってきた。カナダ政府は、過激派「イスラム国」の活動するシリア渡航を希望していたとされる容疑者が監視対象外だったことを受け、対策強化に乗り出す構え。

共同通信