【ニューヨーク共同】カナダのウィルソンレイボールド退役軍人相が12日、辞意を表明した。法相だった当時、汚職の疑いが持たれた大手建設会社の刑事処分について、トルドー首相周辺から手心を加えるよう不正な圧力をかけられて拒否したことが背景にあると報道されて波紋が広がっており、トルドー政権に痛手となる可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。