外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 カネボウ化粧品は19日、美白化粧品で肌がまだらに白くなる「白斑」の症状を確認した利用者が前回集計(4日時点)から1564人増えたと発表した。11日までの訪問調査で確認されたのは7266人に達した。症状を訴える利用者は約1万1千人に上っており、今後、確認作業が進めば、さらに被害が広がりそうだ。症状が確認された利用者7266人のうち、重い症状があったのは4日時点の2424人から2980人に増えた。

共同通信